名古屋のベビーシッター・子育て支援サービス

教育支援部門

  • HOME »
  • 教育支援部門

教育支援部門とは?

私たちは「子ども・施設・支援者にとって」
考え活動していく部門です。

教育支援部門の目標

「聴く・話す・対話する」ことができる子

子どもは日々の暮らしの中で
「聞くこと・話すこと・対話すること」
常に行っています。私たちはこうした、
子どもたちの1つひとつに真摯に向き合います。

「まなぶ」「楽しい」「世界が広がる」になる子

何か新しいことを体得していく姿は
何とも生き生きとして、実に楽しそうです。
知ることで自分の世界が広がり
わくわくすることになります。

「ありのまま」の自分を受け止め肯定する子

人は不完全です。できないこともたくさんあります。
だからこそ助け合い、知恵を寄せ合って
生きていく必要があります。

教育支援部門ではこんな活動をしています

【学習支援】

◆家庭教師

ご家庭から依頼を受け、
勉強や遊びの中で関係を育み、
子どもの成長に寄り添います。
また、里親家庭やファミリーホームの
子どもたちへの学習サポート等も行っております。

◆施設訪問型学習支援

児童養護施設の子どものために
社会人や大学生らが関わり合いながら、
勉強や遊び相手になります。

 

大学生の学習支援スタッフが子どもに勉強を教える様子。1対1で学習を見てあげることで、つまずきポイントを丁寧に改善サポートできる。

子どもたちと一緒にクラフト飛行機づくりをした時の写真です。難しい工作だったと思いますが、頑張って取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【施設職員・支援者支援】

施設職員など日常のサポートで
手一杯になってしまうのが現状で、
計画的に支援を行ったり、
子どもの進路や進学、
奨学金などの情報を収集したり
することが難しい現状があります。

児童養護施設の現状(外部サイト)

支援側の想いと子どもたちへの支援が
円滑に促進されるよう、
私たちは支援者側のそうした問題に
寄り添いサポートしています。


お気軽にお問い合わせください TEL 052-756-2050

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人ひだまりの丘 All Rights Reserved.